【債権譲渡登記とは】

ここでは「債権譲渡登記」についてご説明いたします。

【債権譲渡登記とは】

【債権譲渡登記のメリット】

【債権譲渡登記申請手続き 費用・必要書類など】

 

  • 【債権譲渡登記とは】

    法人が事業用資金を借り入れる場合には、万が一返済不能となったときの担保として、所有不動産に(根)抵当権を設定する取引慣行が一般的です。
    しかし、担保価値のある不動産を所有していない法人については、この方法で資金需要を満たすことができず、事業拡大のための投資ができないことが懸念されます。
    そこで、取引先への売掛金債権などを、不動産以外の財産を担保する借入として、債権譲渡登記を用いる方法があります。

 

  • 【債権譲渡登記のメリット】

    これまでの方法では、第三者に対し、債権譲渡を主張するには民法所定の手続きではAから債権者への通知または債務者の承諾が必要です。しかし、債権者の数や債務者が増えれば増えるほど費用がかかり、煩雑です。

  • しかし債権譲渡登記を利用することにより、費用を安くかつ第三者への立証が容易になります。
    それにより、金融機関から債権を担保にして融資を受けやすくなることが考えられ、不動産などを有していない会社であっても、融資を得られるチャンスが広がります。

  • 債権者が有している債務者不特定の将来債権についても登記することができるようになりました。
    たとえば、将来入居する人に対する賃料債権や在庫商品の将来の売却による売掛金などへの利用が考えられます。

  • また、担保権の登記がなされていれば、他の債権者に対し優先配当権を主張できます。

img_saikenjoto

 

  • 【債権譲渡登記申請手続き】

    ご費用 :一件につき 7,500円(登録免許税)
    必要書類:登記申請書、委任状、取下書、資格証明書(法人様)、印鑑証明書(譲渡人様)、
         住民票(譲受人様の3ケ月以内のもの)など

以上のように「債権譲渡登記」には、多くのメリットがございます。
ぜひご活用ください。詳しくは下記事務所までご連絡下さい。

お気軽にお問い合わせ下さい 0120-316-017 お問い合わせ