活用しよう「新中間省略登記」

司法書士法人吉岡事務所は「新中間省略登記」を取り扱っております。
新しい不動産の節税手法「新中間省略登記」をご活用ください。

1.【新中間省略登記とは・・・】

「新中間省略登記」とは、不動産登記において、所有者がA→B→Cと順次移転した場合に、中間者Bへの登記を省略し、後に所有権を取得した第三者へ直接移転登記をする事です。

2.【メリット】

新中間省略登記を活用すれば、中間者Bへの所有権移転登記が不要なため「登録免許税」がかかりません。
また所有権も取得することがないので、Bには「不動産取得税」や「固定資産税」もかかりません。
※消費税、所得税、法人税は原則通り負担

3.【活用する場面】

土地のとりまとめ目的、リフォームしてから転売する場合などがあります。

4.【新中間省略登記の方法】

概要は以下のとおりです。

sintyuukansyouryaku

以上のように、「新中間省略登記」には、より多くのメリットがございます。
ぜひご活用ください。詳しくは下記事務所までご連絡下さい。

お気軽にお問い合わせ下さい 0120-316-017 お問い合わせ