住所変更・氏名変更(登記名義人の表示変更)

住所変更・氏名変更の登記手続き

住所変更・氏名変更とは、登記名義人の住所・氏名などの変更する登記のことを指します。

土地や建物、マンション等の不動産の所有者(または共有者)の方が、引越しや婚姻などで住所や氏名が変わっても、不動産の登記簿(登記記録)上の住所が自動的に変更されることはありません。

そこで、登記簿上の住所を、現在の住所に変更することが必要があり、住所変更・氏名変更のための登記を法務局へ申請しなければなりません。

その際に行われるのが、登記名義人住所変更登記(住所変更)です。

登記名義人

登記名義人とは、所有権・抵当権・根抵当権など「権利に関する登記」の現在の名義人を指し、その住所・氏名(会社の場合は、本店・商号)に変更が生じた場合、その変更の登記を申請する必要があります。

 

登記名義人の住所・氏名などの変更登記をお手伝いします。

必要書類の収集から法務局との打ち合わせなど、まとめてお任せ下さい。

登記名義人の住所・氏名などの変更登記には、登記原因証明情報として移転・変更の経緯の全てが確認できる証明書を集めなければなりません。

住所を複数回移転している場合、住所の連続性を確認するためには複数の役所で証明書を取寄せる場合があります。

また、各役所において、コンピュータ化が進んでいるため、保存期間を経過した古い住所の記載されている証明書(紙で作成された原票)が廃棄されている場合があったりもします。

この場合には、住所の連続性を証明することができませんので、事前に法務局に相談して添付書類を確認する必要があります。

当事務所では、登記に必要な証明書の収集や法務局での相談まで、一連の手続きをお手伝いさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

 

住所変更

住所変更(住所移転の登記)には、下記の書類が必要となります。

住所移転の登記の必要書類

登記されている住所から、直接現在の住所に移転した場合

・現在の住民票

登記されている住所から、何箇所か転々として現在の住所にいる場合

・戸籍の附票(本籍地の役所へ請求します)

不動産の地番や家屋番号が分かるもの

・登記済権利証

・登記事項証明書(登記簿謄本)

など

 

氏名変更

氏名変更(氏名変更の登記)には、下記の書類が必要となります。

氏名変更の登記の必要書類

・婚姻や養子縁組等で氏名が変わったことが記載されている戸籍謄本

・現在の住民票(本籍地入りのもの)

不動産の地番や家屋番号が分かるもの

・登記済権利証

・登記事項証明書(登記簿謄本)

など

 

ご依頼から手続き完了までの流れ

ご依頼内容によっては多少異なってきますので、詳しくは当事務所までお問い合わせください。

① 電話・メールにてお問い合わせ
② お見積り費用の確認

※ お客様にご納得いただいた上で、手続きを開始いたします。

③ 当事務所において必要書類を収集・作成
④ 必要書類へのご署名、ご捺印
⑤ 法務局での登記申請
⑥ 手続き完了のご報告・完了書類のお渡し

 

お気軽にお問い合わせ下さい 0120-316-017 お問い合わせ