年金分割

離婚等をした時に、年金の標準報酬を当事者間で分割することができる制度があります。
元配偶者が再婚した場合や死亡した場合でも、貰える金額は変更されることなく受け取ることができます。
ただし、離婚した配偶者は遺族ではないので、遺族厚生年金は受け取ることができません。

 

合意分割制度

合意分割制度は、婚姻期間中の厚生年金、共済年金の一部が離婚後にもらえるという制度です。

  • 平成19年4月1日以降に離婚、もしくは事実婚関係を解消した場合
  • 年金分割の割合について、当事者間の合意がある事。
    もしくは裁判手続きにより、年金分割の割合が定まっている事。
  • 請求期限(離婚成立後2年以内)を経過していない事。
  • 分割を受ける方に、年金の受給資格がある事。

上記の条件に配当している場合は、分割の割合などを書いた公正証書、または私署証書を最寄の社会保険事務所に提出するか、双方もしくは代理人が社会保険事務所で手続きすることによって、分割の請求を行うことができます。

 

第三号被保険者期間年金分割制度

合意分割制度とは違い、相手の同意が得られていなくても、自動的に対象期間の厚生年金、共済年金の半分を分割してもらえます。
第三号被保険者(専業主婦など、無職または年収130万円以下の配偶者)が第二号被保険者(会社員・サラリーマン)から厚生年金、または共生年金を離婚後分割してもらう方法です。
公正証書などの提出は必要ありません。

  • 平成20年5月1日以降に離婚した場合
  • 平成20年4月1日以降に、国民年金の第三号被保険者期間があること。

上記の条件に該当している場合は、社会保険事務所において請求手続きすることができます。

お気軽にお問い合わせ下さい 0120-316-017 お問い合わせ